トップページ > 初級シスアド学習法 > 過去問を解く

過去問を解く

初級シスアド試験は、過去問題を繰り返し解いていく事が最も有効な学習法です。
なぜ、そんなことが言えるのか?
それは、初級シスアド試験に限らず、情報処理技術者試験は過去問題からの流用が非常に多いからです。
ですから、少なくとも過去3回分の過去問題を、最低3回は解いて下さい。
時間に余裕のある方は、過去5回分ぐらいを消化するとベストです。
本当に?と半信半疑の方も、だまされたと思ってチャレンジしてみて下さいね。